IBM Lotus Symphony 3 Bata 2 on Windows XP x64

2010/04/24 PC::Tips

IBM Lotus SymphonyというOpenOffice.orgとEclipseをベースにした、IBMにより無償で提供されるオフィスアプリケーションがあります。
OpenOffice.orgのファイルはもちろん開くことができ、かつMS Officeファイルの再現性がOpenOffice.orgよりも良い場合があるため、使ってみようとしましたが後述のエラーが発生するため正攻法ではWindows XP x64環境では利用することができません。
が、いろいろやってみた結果、XP x64環境でインストールすることができましたのでメモ代わりに残しておきます。

環境

  • Windows XP x64 Edition SP2
  • IBM Lotus Symphony 3 Bata 2

インストール方法

落としてきたLotus Symphonyのバイナリを叩くとインストーラーが起動しますが、次の画面が出て進むことができません。

symphony3-win64a.jpg

Lotus SymphonyのFAQではWindowsインストーラーがXP/Vista x64プラットフォームをサポートしていないことが原因のようです。

Windows installer does not support AMD64 CPU with XP/Vista 64 bit platforms installed

IBM Lotus Symphony - General FAQs

このインストーラーが走っている状況では、Tempディレクトリ以下にインストーラーの実体などのファイルが展開されています。

symphony3-win64b.jpg

ここで、C:\symphony3\のようなディレクトリを作成し*1、このフォルダに展開されているファイルすべてをコピーします。

コピーが完了すれば、"IBM Lotus Symphony.msi"を直接実行するとインストーラーが起動し、32bit版Windowsと同様にインストールを行うことが出来ます。

インストールが完了した後に動作させてみました。

スプラッシュ画面

symphony3-win64c.jpg

IBM Lotus Symphonyについての画面

symphony3-win64d.jpg

まだ使い込んでいませんが、動作させた範囲内では正常に動いているように見えます。

*1 : ここでコピー先フォルダ名にスペースが入っていると後述の方法によるインストールに失敗します。

[XP x64] Service Pack 適用時のアンインストール情報とアーカイブを削除する

2010/04/04 PC::Tips

Windows XP x64 EditionにService Packを適用すると、32bit版XPとは異なり「窓の手」などのツールのアンインストール情報に載りません。クリーンインストール直後にService Packを適用する場合などは、アンインストール情報であったり、ロールバックのためのアーカイブファイルは必要ない場合がほとんどですので、これらを削除する方法について調べてみました。

環境

  • Windows XP x64 Edition
    • SP1 -> SP2 へアップデート

プログラムに追加と削除からエントリを削除する

レジストリエントリ「\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Uninstall\Windows x64 Service Pack」以下のエントリを削除する

アーカイブファイルを削除する

Cドライブだけの構成であれば"C:\Windows\$NtServicePackUninstall$"、複数ドライブ環境でアーカイブファイルのフォルダを指定した場合は"<指定したフォルダのパス>\$NtServicePackUninstall$を削除する

ようこそ画面から特定のユーザーアカウントを隠す

2009/04/11 PC::Tips

\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogin\SpecialAccounts以下のレジストリエントリを操作することで「ようこそ」画面に表示されるユーザーアカウントの表示/非表示を制御できる。

環境

  • Windows XP Professional SP3

特定のユーザーアカウント(例:foo)を隠す場合

以下のエントリを作成する

  • 名前: foo
  • 種類: DWORD
  • 値: 0

特定のユーザーアカウント(例:Administrator)を表示する場合

Administratorの場合は以下を追加する。すでに前項にて作成済みのエントリの場合は値を変更するか、エントリを削除する

  • 名前: Administrator
  • 種類: DWORD
  • 値: 1

参考

Windows XPスマートチューニング 226「ようこそ」画面に表示するアカウントを操作する

スタートアップの整理

2009/04/11 PC::Tips

個人的に設定した時のメモ。
内容が正しいかは保証しません。適用は自己責任でお願いします。

エントリ説明削除可能
ACTrayThinkVantage AccessConnections 関連×
ACWIconThinkPadの内蔵無線LANのステータス表示 (ThinkVantage AccessConnections関連)
Adobe Reader Speed LauncherAdobe Reader 9.1関連
AGRSMMSGThinkPad 内蔵モデム関連(Agere Systems AC'97 Modem)*1
ATIPTAATIビデオ設定ユーティリティ (ATIのビデオドライバ関連)
avgntAntiVir関連×
BMMGAGThinkPad 電源モニタ (ThinkPad省電力ドライバー関連)×
BMMLREFThinkPad バッテリ管理 (ThinkPad省電力ドライバー関連)×
BMMMONWNDThinkPad バッテリ管理 (ThinkPad省電力ドライバー関連)×
BLOGThinkPad省電力ドライバー関連不明
BluetoothAuthenticationAgentXP SP2標準のBluetoothドライバ関連不明
Control PanelSillcon Motion Lynx3DM Control Panel
DAEMON Tools-1033DAEMON Tools 3.47の常駐*2
IMJPMIG8.1MS-IME2002関連 (Windows XPデフォルト)*3
frymxinsATIのビデオドライバ関連不明
GhostStartTrayAppNorton Ghost 2003をタスクトレイに常駐させる
LTSMMSGLucent モデムドライバ関連*4
PHIME2002AMS-IME2002関連 (Windows XPデフォルト)*3
PHIME2002ASyncMS-IME2002関連 (Windows XPデフォルト)*3
SoundMAXSoundMAXドライバ関連*5
SoundMAXPnPSoundMAXドライバ関連・アナログ関連のプロセス
SunJavaUpdateSchedJava JRE 6関連のアップデート検出*6
SynTPEnhSynaptic TouchPadドライバ関連 (UltraNav関連)不明
TP98UTILThinkPad 機能設定 (ThinkPad s30)
TPKMAPHELPERThinkVantage キーボード カスタマイズ・ユーティリティ関連*7
TpShoksThinkVantage ハードディスク・アクティブプロテクション・システム関連×
TPHOTKEYThinkPad オンスクリーン表示関連*8
WinHandAutoClean窓の手 ログオン時にTempフォルダ内削除機能

*1 : 内蔵モデムを使わないなら可能

*2 : 手動でDAEMON Toolsを起動する場合は削除可能。このエントリを削除しても仮想DVDドライブ機能は使用可能

*3 : ATOKなど、他のインプットメソッドを使用しMS-IMEを使用しない場合は削除可能

*4 : モデムを使わない場合

*5 : 削除するとコントロールパネルにSoundMAXが表示されなくなる

*6 : アップデート検出不要な場合は削除可

*7 : キーボードカスタマイズを行わないなら可能

*8 : 削除するとオンスクリーン表示されなくなる

参考

Windowsのアクティベーション猶予期間終了後の挙動

2009/03/29 PC::Tips

Windows Server 2003 評価版

確認したエディション: Windows Server 2003 Standard Edition R2 Service Pack 2 (x86) 評価版
14日間のプロダクトキー入力猶予期間がある。猶予期間終了後の挙動は以下の通り。

  • クライアントからのアクセス
    • リモートデスクトップ
      • ライセンス認証の手続きを促すダイアログが表示され、ログオンできない
    • ファイル共有
      • 共有フォルダにアクセス可能。特に制限は加えられていない。
  • ローカルアクセス
    • ローカルログオンしているユーザー
      • 強制的にログオフなどされず、普通に使用出来る
    • 新規にローカルログオンする場合
      • ライセンス認証の手続のみが可能
OK キャンセル 確認 その他