エヴァの台詞で学ぶUNIX史

2011/07/19 雑記::バカバナシ

TwitterにPostしたネタ

オリジナルのエヴァの台詞はこんな感じ

「人は神様を拾ったので喜んで手にいれようとした。だからバチが当たった。それが15年前。せっかく拾った神様も消えてしまったわ。でも今度は、神様を自分たちで復活させようとしたの。それがアダム。そしてアダムから神様に似せて人間を造った。それがエヴァ。」

新世紀エヴァンゲリオン 第23話 『涙』 より

それをちょっと改変してUNIX前史を解説した台詞にしてみました。

「人はUNIXを拾ったので喜んで手をいれようとした*1。だから、罰があたった。それが27年前*2。せっかく拾ったUNIXも消えてしまったわ*3。でも今度は UNIXを自分たちで復活させようとしたの。それがGNU*4。そしてGNUがUNIXに似せて互換OSを作った。それがLinux*5

だいたい合ってるw

*1 : 当初開発元であるAT&Tは独占禁止法によりコンピューター産業への進出が禁止されて降り、UNIXはソースコードと共にメディア代だけで配布されていた。このため、利用者からバグ修正および改変が加えられるというオープンな文化が育まれることとなりました。

*2 : オリジナルのポストでは"20年前"としていますが、本文を書き下ろすにあたり修正しました。
1984年にAT&Tの独占禁止法の緩和(?)に伴いUNIXを用いたライセンスビジネスを開始したことにより、UNIXをライセンス許可なしで使用することを禁止されることになりました。

*3 : 注釈2に端を発する理由により、UNIXのソースコードを入手できなくなったり、ソフトウェアを自由に改変・公開できなくなりました。

*4 : GNUの当初の目的は、再配布自由・改変自由なUNIXクローンのOSを作成することでした

*5 : オリジナルのポストではGNU/Linuxとしていましたが、語呂が悪いので修正:)
また、GNU/Hurdの開発開始とほぼ同時期にLinuxカーネルの開発が始まりましたが、現状、成果として実を結んでいるのはLinuxでしょう:)

参考

OK キャンセル 確認 その他