iTunesがインストール時に残すゴミ

2008/02/10 PC::Tips

ふとしたことから「Documents and Settings」配下のユーザ毎の使用容量をチェックしていたところ、どういうわけか「All Users」以下で150MB以上使用されていました。
共有ドキュメントとして、何か置いているのであれば説明がつくのですが、私の場合共有ドキュメントは全てファイルサーバ行きですので、これはありえません。

で、調べていったところ、どうやらiTunesがインストール時に展開したファイルが残されているようです

不法投棄された場所

Documents and Settings\All Users\Application Data\Apple\Installer Cache

itunes_cache1.png

Documents and Settings\All Users\Application Data\Apple Computer\Installer Cache

itunes_cache2.png

これらのフォルダの中にはインストール時に使用したと思われるmsiファイルが転がっていました。 msiファイル合計で100MB弱。

なんだかなぁ

Adobe Readerもインストーラが勝手にファイルを作ってそのまま放置していくのですが、iTunesもですか…
iTunesのような結構頻繁にアップデートされるソフトがこうして勝手にファイルを作っていくのは勘弁して欲しいのですが。
#いや、作るのはいいのですが、せめてインストール後に消していくとか、ユーザにmsiを残すか否かを問い合わせるとかするのが普通じゃありません?これだから傲慢な会社はブツブツ

こんなものあっても仕方がないので、速攻で消しました。
人によっては500MBくらい不法投棄されたゴミでHDDが埋まっているかも知れません。 なぜだか判らないけどCドライブが窮屈という方は確認してみると幸せになるかも知れません。

OK キャンセル 確認 その他