Linux版FirefoxをWindows版と同じ操作性にする

2008/08/01 PC::Linux/BSD

Kubuntu版*1のFirefoxではWindows版のFirefoxとは異なった以下のような調整がされているようです。

  1. Backspaceで「戻る」ができない
  2. Ctrl+Eで検索バーにフォーカスを移せない

上記の2つは結構利用する機能であり、不便でしょうがなかったので対処法を調べてみた。

*1 : apt-get firefoxでインストールする場合。Mozilla公式配布のバイナリは不明。

環境

  • Kubuntu 8.04 日本語ローカライズ
  • Firefox 3.0.1 (Ubuntuカスタマイズ版)

対処法

1. Backspaceで「戻る」を利用可能にする

about:configからbrowser.backspace_actionの値を0にする。

ちなみに、browser.backspace_actionの取り得る値は以下の通り。(参考:MozillaZine Knowledge Base)

機能備考
0Backspace: 「戻る」
Shift + Backspace: 「進む」
Windows版のデフォルト
1Backspace: スクロールアップ(PageUp)
Shift + Backspace: スクロールダウン(PageDown)
06/12/07より前のLinux版のデフォルト
2(0, 1以外)Backspaceには機能を割り当てない06/12/07以降のLinux版のデフォルト

2. Ctrl+Eで検索バーにフォーカスが移るようにする

拡張機能を追加することで可能です。

keyconfig
Firefoxのキーバインドを変更する拡張。ただし、この拡張だけでは検索バーへフォーカスを移すキーバインドを変更できません。
functions for keyconfig
上記keyconfigの機能を拡張し、様々な機能に対するキーバインドを変更することが可能になります。

今回利用したバージョンは以下の通り。

これらの拡張を導入すると、[メニュー] - [ツール]に[キーボードショートカットのカスタマイズ]が追加されるのでここから編集することが可能です。検索バーへフォーカスを移すのはf4kc_WebSearchとなりますので、この項目の値をCtrl+Eとします。

ちなみに

keyconfig 20080611はFirefox 3.0までしか対応していないため、Firefox 3.0.1には導入することができません。xpiファイルの拡張子をzipとしてxpiファイルを展開後、install.rdfを以下のように編集し再度zip圧縮し、拡張子をxpiに戻すことで無理矢理対応させることができますが、適用は自己責任でお願いします。不安な方はkeyconfigが正式にFirefox 3.0.1に対応するのを待つ方がいいと思われます。

xpiの中のinstall.rdfの以下の部分

    <targetApplication><rdf:Description>
      <id>{ec8030f7-c20a-464f-9b0e-13a3a9e97384}</id>
      <minVersion>2.0.0.14</minVersion>
      <maxVersion>3.0</maxVersion>
    </rdf:Description></targetApplication>

    <targetApplication><rdf:Description>
      <id>{ec8030f7-c20a-464f-9b0e-13a3a9e97384}</id>
      <minVersion>2.0.0.14</minVersion>
      <maxVersion>3.0.*</maxVersion>
    </rdf:Description></targetApplication>

に変える。

OK キャンセル 確認 その他