2011/05/07(土)HTC Desire HD (SoftBank 001HT)買った

この記事を読む前に言っておくッ!
おれは今SBMの恐ろしさをほんのちょっぴりだが体験した
い…いや…体験したというよりは全く理解を超えていたのだが…
あ…ありのまま そのとき 起こったことを話すぜ!
『おれはウィルコムプラザでX PLATEを契約したと
思ったらいつのまにかDesire HDも契約していた』
な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…
割賦販売だとか月々割引だとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ

というわけで、買ってしまいました

dhd01.jpg


というわけで、はじめてのSBM端末です。
WX130Sと重ねてみると、その小ささが際立ちます。

開封の儀

dhd02.jpg

この小さい箱の中にこれだけの付属品が入っていました。


dhd03.jpg

まずは本体。
バスタブ型のトレイの中に本体が収められています。


dhd04.jpg

取り出してみました。
フィルムはショップ店員がUSIMカードを挿入してテストをする際に破られてしまったようです。


dhd05.jpg

取説類。

  • SoftBank 001HT クイックスタートガイド
  • SoftBank 001HT お願いとご注意 -重要なお知らせ-
  • SoftBankスマートフォン サービスガイド
  • SoftBank Android搭載端末【一括設定】マニュアル
  • 001HT 保証書
  • 001HT 携帯電話充電器 保証書

dhd06.jpg

付属品。
右から充電器、microUSBケーブル、イヤホンマイク。
使うこともないので、このままの状態でまた収納しましたw


dhd07.jpg

USIMカードのぬけ殻。
開通テストのために必要とはいえ、自分で分離させたいものですw
HYBRID W-ZERO3に付属のUSIMは未分離の状態で届いたので、できなくはないと思うのですけどね。

本体周り

本体は金属でできていますが、USIMスロットのカバーとバッテリーのカバーとフラッシュまわりのパーツはプラスチックで出来ています。


dhd08.jpg

ボトムカバーを外してみました。
他の端末だと、本体の目立つところにデカデカとSBMのロゴが表示されていますが、Desire HDではこの取り外し可能なボトムカバーにロゴがプリントされています。あまり目立たないというところと、交換が容易なパーツにプリントしている点は評価できます。
と、いうことで海外版Desire HDのボトムカバーを取り寄せればSBMロゴのない端末にすることができますw


dhd09.jpg

USIMカードと本体付属のmicroSDカードを取り外してみました。
スマートフォン用のUSIMカードと付属品のサムスン製のClass2 8GB microSDが納められていました。


dhd10.jpg

バッテリの蓋。
このバッテリの蓋がまた曲者で、慣れていないと取り付けるのに非常に苦労しますw
蓋を開けるとIEMI(端末識別番号)、S/Nが確認できます。


dhd11.jpg

バッテリの裏。
標準バッテリの型番はBD26100(HTBAH1), 3.7V/1230mAhでした。



Desire HDの各部の紹介

dhd12.jpg

上部。ここに電源ボタンがあります。保護カバーによっては微妙に使いづらくなりますw


dhd13.jpg

左側面。
音量+/-ボタンがあります。その他、SBMモデルだとボトムカバー部に001HTの文字があります。
海外モデルだとこの刻印がないみたいです。


dhd14.jpg

右側面。
なにもありません。次。


dhd15.jpg

下部。
microUSBコネクタとイヤホンジャック、マイク用の穴があります。
個人的にはイヤホンジャックは本体上部にあって欲しい。


dhd16.jpg

電源を入れてみました。
まず表示されるのがこのSBMロゴ。ボケボケです(汗


dhd17.jpg

AndroidのブートシーケンスではこのHTCのロゴが表示されます。
先程のSBMロゴと比べてセンスがありますw


dhd18.jpg

ロック画面。
時計の部分を下に押し下げてロックを解除するインターフェースになっています。


dhd19.jpg

デフォルトのホーム画面。
HTC自慢のSense UI。現在では使ってませんw

SIMなし運用について

忌々しいことに、SBMのSIMを挿入していないと緊急発信しかさせてくれません。

dhd20.jpg

この状態ではWiFiのみでのPDA的な運用ができません。そんなわけで、回避方法。
SIMを刺した状態で機内モードにした上で、SIMを外すことでSIMなし状態による機能制限を回避することが可能です。
その上でWiFiのみ有効にすることで、PDA的な利用が可能となります。

dhd21.jpg
dhd22.jpg

ただし、機内モード状態では再起動等を行ったりすると、WiFiが無効化されてしまいますので、再度手動で有効にしてやる必要があります。また、SIMを抜いた状態で機内モードをオフにすると、ロックがかかりSIMを挿入するまでまた緊急発信以外できなくなりますので注意が必要です。

OK キャンセル 確認 その他